むし歯の治療|門真市駅前で歯科をお探しの方は医療法人 山上歯科まで

診療時間
09:30~13:00 /
14:00~18:30 / /

火曜午後14:00~19:00
   休診日:土曜午後・日曜・祝日

571-0048 
大阪府門真市新橋町3番3-302 
門真プラザ3F

06-6908-0873
  • 予約制
  • 急患のみ随時
  • 各種保険取り扱い
  • 06-6908-0873
  • 地図
  • メニュー
門真市駅前・医療法人 山上歯科

むし歯について

歯の表面に付着したプラーク(歯垢)や歯石の中には、多くの細菌がひそんでいます。
むし歯は、この中のむし歯菌によって歯が溶かされてしまう病気です。
お口の中の食べかすに含まれる糖分をエサにして、むし歯菌はプラーク内で増殖しながら、酸を排出していきます。その酸によって歯が溶かされた状態が「むし歯」で、時間の経過とともに歯の内部まで進行していきます。
このような仕組みから、プラークを確実に除去できればむし歯になる可能性を抑えることが可能です。
むし歯の治療は、初期段階であれば治療も簡単ですし、歯を削る量も少なくて済みます。そのため、むし歯かな?と思ったらできるだけ早めの受診をおすすめします。

こんな症状ありませんか?

  • 冷たいものを口にすると痛む

  • 温かいものがしみる

  • なにもしていないのに歯が痛む

  • 歯を噛みあわせた時に痛む

  • 食べ物を噛んだ時に痛む

門真市駅前・医療法人 山上歯科

むし歯の原因とは

食べ物や飲み物を口にすると、そこに含まれる糖分をエサにして、むし歯菌が酸を作って放出し、歯の表面を覆うエナメル質を溶かします。これを「脱灰(だっかい)」と言います。ですが、唾液がこの酸を中和して、リンやカルシウムでエナメル質を修復する「再石灰化」を促します。健康なお口の中では、常に「脱灰」と「再石灰化」が繰り返されています。
ところが、ダラダラと食べ続けたり、甘いものを多く摂ったり磨き残しがあったりすると、歯が脱灰しても再石灰化するタイミングを失ってしまうため、歯が溶かされてむし歯となってしまいます。

門真市駅前・医療法人 山上歯科

むし歯が進行すると

むし歯の初期段階では、歯の表面が白く濁ったり黒くなったりするだけで、自覚症状はありません。
歯がしみる・痛むといった症状が出る頃には、むし歯はエナメル質の内側にあり、神経に近い「象牙質」まで進行しています。
また、一度むし歯を治療しても、時間が経って詰め物・被せ物が劣化すると、歯との間に隙間ができてしまい、そこからむし歯菌が侵入してむし歯再発しやすくなります。
むし歯治療では感染した部分を削るため、治療を繰り返すと歯質が減ってしまいます。
大切な歯を守るためには、むし歯予防はもちろん、むし歯の早期発見・早期治療が大切です。

大人と子どものむし歯の違い

  • 大人のむし歯の特徴

    年齢を重ねると、歯の神経を囲む「象牙質」が厚くなり、象牙質までむし歯が進行しても痛みを感じにくくなるため、知らないうちにむし歯が進行していることがあります。 また、歯周病によって歯ぐきが下がってしまい、エナメル質で覆われていない歯根が露出すると、その部分にむし歯が発生しやすくなります。 日本人の成人の約9割にむし歯があるといわれおり、なかでも治療した部分に起こる「二次むし歯(二次カリエス)」は歯を失う原因となる可能性が高くなります。 そのため、むし歯の早期発見・早期治療と、再発のための予防が大切です。

  • 子供のむし歯の特徴

    乳歯や生え変わったばかりの永久歯は、大人よりも歯質が柔らかく、表面に小さな穴がたくさん開いています。そのためむし歯になりやすく、あっという間に進行します。 乳歯がむし歯になると、永久歯もむし歯になりやすくなる・正しい位置に生えてこない、顎や体の成長が正しく促されず、顎が変形するなどの発育の妨げになるなど、成長への悪影響が起こる可能性があります。 小さい頃から適切なお口ケアを歯科医院で教わり、ご自宅で毎日行うことで、むし歯を防ぐことができます。 しかし、小さいお子様にはお口のケアを1人でしっかり行うことはできません。 そのため、ご家族と歯科医院が協力して、お子様のお口の健康を守っていきましょう。